2009年08月30日

投票箱をのぞきたい

本日の選挙、皆さん投票しましたか?
応援した人、当選しましたか?

で、タイトルの内容ですが、
「投票所で一番の人が、投票箱の中が空っぽであるということを確認させてもらえる」
ということを聞き、是非見てみたいもんだと思って、今朝行ってきた。
中学二年の長男も行きたいっつーんで、朝5時半にたたき起し、6時前に投票所へ。
さすがに誰もいない。

入口で、通りかかった係員が、「すみません、まだなんですよ〜」と声をかけてきたので、
一番の人が箱の中を見れる件を確認すると、実際には一番乗りの人ということではないらしい。
「投票箱に一番最初に投票する人」が中を確認するらしい。

つまり、いくら一番乗りしたところで、投票用紙に候補者の名前を書く時点で後れをとると、確認作業を横取りされてしまうということ。

これは急いで書かねば。
よし、候補者の名前はひらがなで書こう。

で、待つこと1時間。
15分前くらいから続々と有権者が集まりだした。
中でも俺の次に来た人が、俺の顔をみるなり
「あ、あかんわ」とつぶやいた。
この人も一番乗りを目指してきたらしい。

6時55分頃から係員がケータイで時報を聞きながら「5分前です!」と声を張り上げていた。
やはりそこまでして時間は正確にせないかんのか〜。

さて、午前7時。
入口の暗幕がめくられ、トップで入場。
受付へ行き、投票案内状を出して本人確認。
めっちゃ早口で生年月日を言い、案内状を返してもらう。

「よし、急ぐぞ!」と思った瞬間、俺に案内状を手渡した係員の、隣の係員が待ったをかけた。
「ハンコおしてないよ」
受付した証明のスタンプを押すのを忘れていたようだ。
何してくれてんねん、おっさん!

受付で手間取ったおかげで、結局一番目の投票者にはなり損ねた。
ただ、一緒に言った長男は、箱の横に素早く移動して、中を確認する役目を得たよそのおっちゃんと一緒に中を覗かせてもらっていた。
その姿をおっちゃんの後ろから見ていた俺。

ま、じかに箱の中を見ることはできなかったが、実際にそーゆーことしてるんやなぁ…と体験できただけでもよしとするか。
posted by とーとー at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。