2009年05月28日

自己中

先日、近所のホームセンターに行った時の話。

サービスカウンターで商品の交換をしてもらっていた時、足もとに何か動く気配。
下を見ると、ダックスフントが一匹ウロウロしてた。足短くてカワイイやん。
首輪はしているがリードが繋がってない。
少し離れた所におばちゃんがいて、手にはリードらしき革ひもを持っていた。

「○○ちゃん、こっちおいで〜」と、おばちゃんが犬に声をかけていたので、
『おばちゃん、犬にちゃんとリード繋いどきぃな』と軽く注意した。

おばちゃん(以下”お”)『あぁ、ウチの子はおとなしいから大丈夫や』
案の定、バカな答えが返ってきた。

この答えを聞いて俺のしゃべりのスピードが約30%(当社比)アップ。

俺 『いや、おばちゃんが大丈夫と思うかどうかなんか聞いてへんで。要は他人がどう思うかちゃうのん?リード繋いどくのが飼い主のマナーと違うん?』
お 『そやけどこんな小さい犬、なんともないやろ?』
俺 『じゃあ、ライオン飼ってる人に”大丈夫やで”って言われて、頭なでられるん?サソリ触れるん?ヘビ首に巻けるん?』
お 『・・・』
俺 『俺は犬は嫌いやないけど、おばちゃんみたいな自己中の飼い主が一番キライや!』
店員 『あのぅ・・・(・。・;』

この後、おばちゃんは犬を抱きもせず、リードもつけずにそのまま店を出て行った。
最初に知らんふりして犬蹴ったったらよかった。

ペットを飼っている全ての人がこうではないことは分かっとる。
けど、未だにこんな自己中な人がいることも事実。
同様のことが色んな人種に当てはまる。

例えば喫煙者。
未だに道路上には吸殻が捨てられているし、駅のホームなんかでは朝夕のラッシュ時間帯に「禁煙タイム」なるものが設けられているのに平気でタバコを吸う。走行中の車から吸殻が飛んでくる。
結果、喫煙者に対する風当たりが強くなる。

例えば公務員。
公僕という意識をなくして自己利益確保に走り、公文書を偽造したりカラ出張をする。結果ありきの予算を組み、国民意識と乖離した天下りを繰り返す。
結果、公務員改革と称して給料が下がったりより厳しい視線が向けられる。


周りが見えてないと、結局自分で自分の首を絞めることになる。
posted by とーとー at 09:16| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 一言言わせてぇな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、この前某ポータルサイトのペット情報ページに、リードをつけずに3匹もの犬(猫だたかな?)とスーパーへ買い物に行っている写真を誇らしげに掲載している痛い人がいました。

しかも、それがかわいいと多くの人がコメントをつけているという異様な光景・・・。

どう考えたっておかしいのに・・・。
Posted by マイカル at 2009年05月29日 01:28
自分がやってることに対しては無条件に肯定派になる人が多いんでしょう。
節度をもってやってくれりゃいいんですけどね。
Posted by とーとー at 2009年05月29日 08:45
お久しぶりっす

訳あってここ数週間、某病院通いをしてるashですが
同室の患者さん&見舞客に常識人が全くいない状況ってどーなんだろー
とか思う今日この頃....
みなさんを反面教師にしつつ、日々勉強させていただいております。はい。
Posted by ash at 2009年05月30日 09:30
ashさん、お久ですねぇ。

病院通いって、だいじょぶですかい?体調には気ぃ付けてくださいまし。

病院も非常識人をよく見ますね。
特に子供が一緒に来る場所なんかはひどいもんです。待合室を保育園と間違えてる親がどれだけいるか。
「もう外出するな!」と言いつけたくなる人達が居過ぎます。
Posted by とーとー at 2009年06月01日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120336821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。