2008年10月29日

傷病日記 その二

先月ぐらいから右肩がえらく痛い。
っつーても、例えば服を脱ぐときとか、風呂で背中を洗うときとか、右肩が特定の動きをする時に痛みが走る。

『病院行ったら、金かかるしなー』の一念でアンメルツヨコヨコで誤魔化しながらしばらく我慢してたが、寝返りうつ度にウーウー唸ってるのが自分でもイヤになったので、仕方なしに以前腱鞘炎を治療してもらったクリニックへ。

診察室で『こんな感じなんすけど』と話始めた途端、医者の表情が一変。
『こないしたら痛くないですか?』『腕を前に動かすよりも、横に動かす方が痛くないですか?』とか、ズバズバ症状を言い当てる。
『あー、これは△*%▲§☆¢※(多分ラテン語?なので聞き取れず)ですねー。レントゲン撮りますんで、ちょっと待ってて下さい。説明はその後します。』と、あっさり言われた。

えー?意外とメジャーな症状なのか?それともややこしいことで有名な症状なのか?

で、レントゲン撮って診察室に戻ると、医者は『あーやっぱり』みたいな顔してるし。
『とーとーさん、これね、せっかいちんちゃくせいけんばんえんですわ。普通よりも大きくなってますけど、薬がよく効くんで注射で治療しましょう。』
『え?え?なんですって?』
"石灰沈着性腱板炎"です。肩を動かす腱のとこに石灰が固まって、肩を動かすとそれが擦れるんで炎症を起こすんですわ。簡単に言うと、いわゆる四十肩の原因の一つです。決して若い人には出来ません。』

が〜んがく〜(落胆した顔)  四十肩っすか・・・。

結局、肩に注射4本打たれて、それでもあと2回は通院せないかん。
診察の最後に、『腕を前に上げるのはいいけど、横に上げたらダメですよ。』と言われた。
手を広げるなってこと?ラジオ体操は?布団敷くのは?
posted by とーとー at 01:09| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
注射っていうのは、石灰がアルカリ性だから、酸性の何か(レモン汁とか?)で中和するようなもんでしょうかねぇ。
Posted by マイカル at 2008年10月29日 23:40
注射の中身はよく知らんですが、肩がずしーんと重くなる注射でした。
なにより、『四十肩』という呼び名がずっしりとのしかかってきてますw
Posted by とーとー at 2008年10月30日 23:53
あらあら。
肩の痛いのは、日常のいろんなところに影響しますもんね。くれぐれもお大事に。

…それにしても、
「手を広げるなってこと?ラジオ体操は?布団敷くのは?」の下に出ているスポンサーリンクが
いずれも“布団”てのに笑いがジワジワきましたで。
Posted by ほりえ〜る at 2008年12月13日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108754436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。